WEBマーケティングにおける広告の種類

WEBマーケティングにおける広告の種類

WEBマーケティングにおける広告の種類 インターネットが爆発的に普及した現在、広告市場においてはWEB広告は2009年度の辞典で、テレビに次いで第二位の市場規模を占めるに至っています。ひとくちにWEB広告と言っても、その掲載方法やターゲット等によって様々な種類が存在しています。WEB広告の中でも最もよく知られているのはアフィリエイト広告でしょう。これはサイト上に設置された広告を経由して成果があった場合に費用が発生するタイプの広告です。この場合の成果というのは、単純に広告をクリックした場合と、その広告から販売サイトへ移動したユーザーが商品やサービスを購入した場合と2つのパターンが存在しています。

次によく知られているタイプものとしてリスティング広告が挙げられます。これは検索エンジンの結果ページに表示される広告です。リスティング広告には、検索キーワードと連携して効果的な広告を表示する検索連動型広告と、サイトやブログ等と提携することによって、そのコンテンツの内容に沿った広告を表示するディスプレイ連動型広告とに分けられます。

他にもWEBサイトやブログでネットワークを形成し、そのネットワーク内にあるサイトへ広告を表示するアドネットワーク広告というのも最近ではよく利用されています。

Copyright (C)2019WEBマーケティングにおける広告の種類.All rights reserved.